シンナカ

トロントとニューヨークから帰ってきました。
厳寒期のカナダは、本当に寒くて(-15℃くらい)、道に迷ったりした時には凍死しそうでした。
そんな状況の中、市内のスーパーや文具店、美術館などなど歩き回り、
いろいろと面白い雑貨をGETしてきました!
カナダの雑貨は、英語とフランス語の2ヶ国語で説明が書かれてあるので、雰囲気あります。
画像はトロントのCNタワーのボールペンです。
数年前までは世界一の高さでしたが、今ではマイナーな存在に成り下がってます。
ボールペンの内部にはシャボン玉が入ってて、気分転換したい時には遊べるよ(笑)
(自由が丘のみのお取り扱いになります)

maru


今日は2月3日、節分(立春)です。
豆をまくのは小さい時からやっていましたが
恵方巻というのを知ったのは二十歳を過ぎてからでした。
節分のイベントとして広まったのは大阪が発祥のようで
恵方に向かって私語を交えず、丸ごと食べきると
その1年は良い年になるそうです。
巻寿司を使う理由は、「福を巻き込む」からで
丸ごと食べるのは「縁を切らないため」だそうです。
今までしたことがないので今年はやります!!
仕事帰りに買って、今年は幸せな1年にしたいと思います★


チェアー

明日は友達の結婚式に行ってきます。
小学校の時の同級生が結婚、というのは
なんだか信じられません。
冬でも半ズボンをはいていた二人ですが、
明日はスーツとタキシードを着て会います。
なんとなく照れます。

ところで結婚式に出席するのは初めてです。
失礼のないようにと、今から緊張気味です。。

まるは

私は落ち葉や枯れ枝を拾う癖があります。
ふと目にとまったものを拾い集めているうちに、我が家にはかなり
葉っぱがたまってきています。
これらは透明な瓶のなか等に入れて部屋に飾ったりしています。
この写真はある美術家の作品で、カセットテープケースの中に
花や葉を入れて樹脂で固めたものを積み上げてタワー状にした作品です。
圧倒的な量で作られていましたが、作品全体はとても優しいものでした。
いつか、こんな方法で我が家の葉っぱたちもディスプレイできたら、
と思います。が、、その前にこの莫大な量を飾れるだけの広い部屋を探す方が
先決かもしれません…。

chibiです☆

先日、近所の方にマクロビオティックケーキをいただきました。
あまり聞き慣れない言葉ですが、
植物性の素材のみを使用して作られたケーキだそうです。
卵も砂糖も、そしてバターも使わず、おいしくケーキを
焼き上げるのはすごく大変らしいのです。
いただいたのは、無農薬のニンジンと、レーズンや
メープルシロップのケーキでした。
自然の甘さで、とてもやさしい味でした。

ヒッキー

明日からmarmamaとふたりでパリへ出張です。
今年は割と暖かいということで、何を着て行こうか悩んじゃいます。。
あれこれ考えるのも楽しみのひとつですけどね。

可愛くておもしろいものを探してきますので、お楽しみにです☆
行ってきまーす!

maru


marbleではぞくぞくと春の新作が入荷してます♪
おすすめはこのギャザーバッグです。
目を引く鮮やかなカラーで、どんなスタイルにも合わせられます☆
何でもつめ込めるたっぷりサイズなので、どこに行くにも大活躍ですよ。
でも私はバッグが大きいと、あれもこれもと入れてしまうので
重くていつも後悔します・・・・。
入れ過ぎには注意しようと思っているのですが
今日もとっても重たいです・・・・。



チェアー

昨日、下北沢で映画を見ました。
写真家の中平卓馬をドキュメントした作品です。

30年前に大病を患った影響で記憶と言葉のほとんどを
失ってしまったそうです。
でも写真を撮ることは忘れずに、30年間近所を取り続けている人です。

毎日、自転車に乗って出かけて嬉しそうに写真を撮っていました。
とても感動していましたが、後半はトイレに行きたくて
ほとんど覚えていません。
映画は好きなのですが、トイレが近いので映画館は苦手なのです。

marmama

先日、千葉房総へ行って来ました。
私はどちらかといえば海派なので、海沿いへ行くとついつい夢が広がって、いつかこんな所に住みたいなぁという目線で見てしまいます。
伊豆や三浦半島も好きなのですが、今回かなり南房総に惚れてしまいました!
千倉、和田、勝浦、御宿。いいですねぇ。
お花畑やイチゴ畑がいっぱいあるし、魚介類も野菜も新鮮であちこちで安く売ってるし、
特に勝浦の朝市では感激しました!
地元のおばあさんたちが、畑で取ってきた野菜といっしょに自家製の梅干やお餅や切干大根やらを並べてて、もうワクワクしました。
次に機会あれば行きたいのは高知の朝市です。おいしそうだなぁ。

まるは

先日、とある雑貨屋に立ち寄りました。
いろいろと店内を見て廻っていたら、隅の方に若干(?)
埃をかぶった少し変わった照明器具が置いてありました。
写真の照明器具なのですが、廃棄物を組み合わせて
作られたものです。
素材はガラスのコースターやシャベルの取手みたいな鉄、
丸太の切れ端といった廃棄物をミックスして作ってあります。
全く異質なもの同士が絶妙に組み合わされて、新たな造形美が
形成されており、見た瞬間にかなり感動し、即買いしました。
寝る前にこの明かりで本を読めたらいいなーと思っていますが、
明かりを付けて数分で記憶がなくなっているため、
まだ光の陰影を楽しむまでには到っていません…。