marmama

朝起きるのがつらい季節ですね。
それでも朝型の私としましては、まず窓を開け放ち、ベランダのグリーンの様子をチェックすることから始まります。
中でもお気に入りはアジアンタム。
何度か枯らしてしまったこともあり、とても愛着があります。
土の乾き具合、葉っぱの様子で水を加減することは我が子を育てる気分。
とても素直に反応してくれるので育て甲斐もあります。
今日は新たに赤いゼラニウムを二株買いました。
明日には大きな鉢に植え替えようと思います。

nomu

子共のころからの大好物”うまい棒”。
未だに止められません。
たまに業務用のパックも買う程です。(主に母が。)
ですが何でしょう?”うまい輪”って。
発売当初から気になっていたあの人。
これはやっぱり見過ごせない!と鼻息荒く食べてみました。

うーん・・・カール?

悪くないですが、やっぱり私は棒が好きです。
納豆味が出たらまた挑戦したいな。

ぽん

ぽんです。
先週、高校の部活仲間と3年ぶりに再会しました。
久しぶりに会ったので、お腹に新しい命が芽生えている友や
来年カナダに旅立つ友など、それぞれが高校時代の面影を残しつつも、着実と自分の人生を歩んでいて嬉しかった反面、
自分自身考えさせられる機会でもありました。
皆さんの中にも学生時代を過ごした仲間がたくさんいると思いますが、
なかなか会えなくてもどこかでつながっていたり、久しぶりに会った時には
年月を感じさせない、そんな仲間をいつまでも大切にしたいですね。

あっこ

先日姉が、三重旅行のお土産で招き猫らしき置物を
父に買ってきました。(右の写真がそれです。)
父に似てたから買ってきたそうなんですが…たしかに似てる!!
激似です。しかも父は大の猫好きなのでピッタリです。

現在テレビの上から、わが家の食卓を見守ってくれています。
なんだか父の分身のようです…。

marmama

今年も鍋が恋しい季節となりました。
今年の流行はカレー鍋のようですね!
近所のスーパーマーケットでも打ち出し商品だったので、試してみました。
味は想像どおりで、なかなか美味しい!
野菜がたっぷり食べれるし、具もアレンジしやすいからgoodです。
この冬、我が家には頻繁に登場しそうな予感。
次回は洋風カレー鍋に挑戦しよ!

nomu

いつもの様にiPod片手にノリノリで電車を待っていた時のこと。
おばあさんに声を掛けられ、「はい?」と私。
彼女は私がイヤホンをしていたのに気が付かなかったようで、
「あ!ごめんなさい。」と言いつつ「良いんですよ〜。」とそのまま世間話へ。
程なくして電車がホームに滑り込み、その別れ際

「ごめんなさいね、音楽聴いてる時に話掛けちゃって。
 あの・・・モーツアルト聴いてる時に!」

・・・えーと、モーツアルトは聴いてないけどなぁ。
彼の話もしてないし・・・。

どーやらUKロックの音漏れはクラシックに聞こえるらしいです。
朝から素敵な出会いでした☆

あっこ

先日、ずっと気になっていた国分寺の
カフェ&バーのお店「ほんやら洞」へ行きました。
お店全体がツタで覆われ、一際異彩を放っている
独特な雰囲気お店です。何年も前からあり、
地元の人に愛されている感じのお店でした。
ちなみに昔はヒッピーの巣だったようです。

中は狭くて程よく暗く、意外と落ち着いた店内で
長居をしたくなる雰囲気でした。
おいしいと噂のチキンカレーを注文。
程よい辛さで、チキンもガッツリ入って、セットの
ラッシーとも良く合い、おいしく頂きました*

今度は夜に行ってみよう。

すいち

発売以来ずっと気になっていた蒼井優さんの写真集『ダンデライオン』をようやく購入しました。
全力で可愛いです! 
冬のロシアを鉄道を旅しているのですがロシアの風景とスタイリストのタンナイミサさんのスタイリングと蒼井優さんの可愛さでとてつもなく強力な写真集となっています。

そういえば前に購入した東野翠れんさんというモデルさんの写真集は夏のロシアが舞台だったなぁ。。

ロシアには素敵な女の子を撮るのに絶好な場所なんですかね?

よしだです☆


去年の5月に友人とレイトショーで見た映画「プラハ!」が、
秋になってからDVD化していたので再び見ました。
普段はあまりミュージカルを見ないのですが、
この映画はプラハの美しい町並みと、
60年代のレトロが可愛くてずっと見とれてしまいました☆
ミュージカルを見ると自分まで踊れるような気になってしまうのは
なぜなのでしょう。
実際には片足も上がらないほどの運動音痴です。。。
いつか軽やかに踊ってみたいものです。

チェアー

友人に漫画を借りました。
タムくんとイープンです。
人気のある本ですからご存知の方も多いと思います。
作者は日本の漫画が大好きで、神戸に住んでいた時に
描いた作品がこの本には収められています。
どれも多くを語らずにいるのですが、
なぜか心に染みます。
きっと絵が素敵だからだと思います。
言葉の感動とは違うものがありました。
読んでいない方は是非!