フジ

こんにちは、企画のフジです。
2月も半ばに差し掛かり、日差しがポカポカ感じられる日もチラホラ。街角のお花屋さんに並ぶ様々な春のお花に目を奪われる日々です。

 

写真は、近所のお花屋さんで購入したチューリップとかすみ草。ピンクと黄色のチューリップがありましたが、ピンクを購入しお家にあったジャム瓶に挿したところ、なんだかチューリップとかすみ草がダンスを踊っているよう。そんな妄想も楽しいですね。

 

チューリップには花の色ごとに花言葉が分かれているそうです。購入したピンクは「愛の芽生え」、赤は「愛の告白」、、愛おしい思いを伝えるにはピッタリの花なのね、と思っていましたが、黄色は「望みのない恋」、白は「失われた愛」とのこと。。同じ花なのに色が違うだけでメッセージがだいぶ変わってしまいますね。
ピンクを選んだのは、なにかの思し召しだったのでしょうか。。
でもでも、黄色と白、素敵な意味も含まれているようですので、お部屋に飾るなら好きな色を飾って、春を楽しむのが一番かもしれません。

 

お部屋にもお洋服にも華やかな彩りを取り入れて、一緒に春の始まりを楽しみませんか◎